施設の貸出について

建物の老朽化が進んでおります

現在、七ツ梅酒造跡内の各建物の老朽化が進んでおります。

この歴史的建造物を後世に少しでも長く保存できるよう、ご協力をお願いします。


・立入禁止が設定された場所への立ち入りや、施設を破損させる行為はお断りします。

・七ツ梅酒造内では店舗が営業しています。営業に支障がない場合でも、事前に必ず店舗の店主へ連絡ください。

(店舗が営業していない場合は、須方書店(須方)か鬼義(塚越)に声をかけて下さい。連絡が回るようになっています)


・撮影・ロケ・取材などを行う場合は、私用・商用問わず、事前に一般社団法人まち遺し深谷の担当者に必ず承諾を得て下さい。

・施設を利用する場合は責任者が必ず施設利用申請書を提出し、一般社団法人まち遺し深谷の許可を得てください。

(深谷シネマやFCなどは、この施設の管理を行っていません。当法人の担当者に直接連絡を取って下さい)

・商用の利用(ドラマ・映画のロケ)の場合、施設の利用料金が発生します。

・写真撮影(モデルやコスプレ等)で通路を一時間以上使う場合も施設の利用料金が発生します。


各施設の利用料金は、諸経費を除き、建物の修繕費に充てさせていただいております。

ご予約のしかた

施設利用料金

●精米所【ミニホール】

午前  8:00~12:00   5,000円

お昼12:00~16:00 5,000円

午後16:00~20:00 5,000円

●通路使用【表門から東蔵入り口前まで】

午前  8:00~12:00 10,000円

お昼12:00~16:00 10,000円

午後16:00~20:00 10,000円

●深谷シネマ前広場及びトイレ

1日 10,000円

※前日など事前準備で使用する場合は半額の料金になります。

【注意事項】

施設使用時、なんでも屋mogさんのお店の前に車で駐停車や旗等を勝手に置いたり使用することはできません。

使用する場合は、まち遺し深谷・なんでも屋mogさんの許可を得てください。

※映画やドラマ等での使用料金については、【まち遺し深谷と深谷フィルムコミッション】にてご相談ください。

お申し込みにあたっては、以下の「利用上のお願い及び注意事項」をお読みいただき、まち遺し深谷に電話・メールでお問い合わせください。事務局から詳細について、ご連絡を差し上げます。

提出先受付担当は須方書店 須方となっております。

施設利用申請書 (Word形式:17KB)

施設利用申請書 (PDF形式:66KB)


※現在、七ツ梅酒造跡の東蔵、母屋の一部、須方書店2階は立入禁止区域につき利用はできませんのでご了承ください。

利用上のお願い及び注意事項

・利用者は必ず会場責任者をおき、各注意事項を守ってください。

・七ツ梅敷地内は全てボランティアの協力により管理・補修・維持されております。利用者は責任もって、後片付け・清掃をお願いします。

・深谷シネマのトイレを利用する際は、シネマのお客様の迷惑にならないようお願いします。

・駐車場に限りがあります。案内看板もありますが、混雑が予想される場合は、駐車案内要員の準備もお願いします。(周辺地域の商店・住民の皆様のご迷惑にならないように心掛けてください)

・七ツ梅酒造跡は全域で禁煙となります。喫煙スペースは深谷シネマ前のみとなります。

・柱や壁などへのセロテープ、画鋲、釘、の使用は許可を得てからにしてください。

・飲食は可能ですが、火気厳禁です。

・ご利用後のゴミ等はお持ち帰りください。ゴミ箱はありません。

・利用後は施設、設備、備品等を元どおりにし、清掃し点検を受けてください。

・持ち込んだ道具や器具類は、利用終了後直ちに撤去してください。

・利用上の事故等については一切責任を負いかねます。

・釜屋は江戸末期頃、精米蔵は大正3年、店蔵は大正3年、東蔵は大正11年、母屋は昭和8年建造の歴史的価値のある建物です。建物を恒久的に維持するためにも皆様の御協力をお願い致します。


埼玉県深谷市

七ツ梅酒造跡の管理・運営

一般社団法人 まち遺し深谷

〒366-0825 埼玉県深谷市深谷町9-12

七ツ梅酒造跡


電話:048-573-8707

受付時間 11:00~17:00 火曜定休

受付時間外は留守番電話対応となります。


メール:info@machinokoshi.com